投稿

恐怖のインド旅行・後編

前回のインド旅行の続きです。

ここでインドならでは?!の様々な出来事や体験を紹介いたします。

旅行のいく先々で色々なガイドさんが現地を案内してくれたのですが、一人のガイドさんが僕たち家族を案内しながら、なぜか父の手を握ってきました。

父は、案内を聞きながらその手を振り払います。が、また、手を握ろうとするので、父は必至にその手をかいくぐりながら拒否していました。

男性が男性の手を握るのはそっち系の方なのかな~って当時高校生の僕は、漠然と思ってしまったのですが、実はそうではありませんでした💦

インドでは友情の証として、男性同士が手をつないだりするのが普通であり、別に同性愛者というわけではないのです。

ただ、そのガイドさん、うちらが家族で観光しているのに、なぜか「いいクスリあるよ~!」ってドラッグをすすめてくるという強者でしたが・・・。


また、ある時に町から町へ移動するのにタクシーに乗った時の話です。

タクシーに乗って町の中を走っている時、道路の真ん中になぜか犬が一匹横たわっていました。
その犬は頭を起こしていたので死んではいませんでした。

当然避けて進むのかと思いきや、タクシーはそのまま犬の上に乗り上げたのです。

「ああ!」まさかと思い、後ろをり返ると、後部座席の後ろの窓からバタッと倒れる犬の姿がはっきり見えました。
町中には、インドでは神聖な生き物であるはずの牛でさえ、やせ細り、倒れて死んでいるのを見ていたので、みんな生きるのに必死で動物にかまっている余裕はないのかもしれないと思いました。

途中、町を抜けて広大な道路をひたすら隣町に向かっていると、助手席に座っていた兄がやたら咳払いを始めました。
「ウエッフェン!ウウエッフェーン!!」

よっぽど喉の調子が悪いのかなー、でもなんか不自然だぞ?!
と思って前の様子をみてみると、

運転手がコックリコックリ頭をゆすって寝ながら運転しているではありませんか!!

兄は必至でその運転手を起こそうとしているのでした。

幸いにも運転手の眠気が途中で覚めたおかげで、僕の人生の幕は下りずにすみました(^^;)


下痢をしながらも、何とか無理やり観光していた僕でしたが、どこに行っても突然もよおしてしまうので、段々外に出るのが怖くなってきました。

旅行の最後の場所であるカシミールにやってきました。

そこではハウスボートに宿泊することになってた…

恐怖のインド旅行

今日は治療の話ではないのですが、どちらかというと治療を受ける側になったお話をしようと思います。

時はそうとう遡り、僕が高校生だった頃の話です。

その時はなぜか家族でインドに行くぞという話になって、まだアイデンティティも確立していない僕は言われるがままにインド旅行をすることになりました。

インドに向かう機内で、カレーを食べた記憶があります。
インドに行けばいくらでもカレーなんて食べられるんだから、わざわざ機内で食べなくても・・・とその時はまだ思っていました。

空港に着くと、日本とは全くちがう匂いが立ち込めていました。国全体が香辛料の匂いで覆われているようでした。しかも、日本とは桁違いの湿度の高さで、歩くだけで体にモアッとした湿気がまとわりつき、サウナ状態です。

「あぁ、すごいとこ来ちゃったな~💦」と心の中で呟き、これからの旅行が前途多難であることを十分予感させるものでした。

インドに着いてから三日目に、ぼくのお腹は様子がおかしくなりました。

朝はホテルでトーストしか食べていないのに、食べた直後から即トイレを繰り返し、昼間どこに出かけようが、突然激烈の腹痛が僕に容赦なく襲いかかってきます。

土産屋さんで、象牙の置物を見てるときにもよおしたときは、店の人にトイレをかしてくれとお願いすると、店の奥に案内され、ホッと一息して扉を閉めると真っ暗で何も見えなくなり、便器の位置さえよくわからなくなりました。
そのころはちょうど多感な時期でもあり、扉を開けっぴろげで用を足すなんて、とても出来ず、今にも決壊しそうな僕の門を必死で閉めたまま、その場を後にしました。

遺跡を見に行ったときにも、突然ギュリュリュリュッとはじまり、ここにはトイレなんか見当たらないなあと思いながら、係の人にお腹を押さえながら聞くと、ここいいよって案内されたところが、まさに遺跡でトイレとして使われていたとおぼしき地面に若干掘られた穴でした・・・(*_*;

「こ、ここで?!」
 しかもそこは少し高い位置にあったのですが、下を観光客がぞろぞろ歩いているという状態。
でも、背に腹は代えられないと思い、その穴に投下し、お尻を拭いたティシュをそこに置いてきました。

何日経っても僕の下痢は一向に治らず、むしろ悪化していきました。

そんな時、ガイドの方に町の医者と思われるところに連れていかれました。

その怪しげなところに入る…

ストレス社会を生きる

日々患者さんの治療をしていると、働くということが、どれだけ身体に負担がかかってくるかということがわかります。

介護のお仕事をされている方は腰痛を発症しやすいですし、電気工事をされている方は長時間上を向いて作業されるためか首肩がやられます。

一番多いのは、デスクワークをやられている方で、長時間パソコンに向かって前かがみで作業されるので首肩痛・眼精疲労に苦しんでいます。

ほとんどの方が必要に迫られて仕事に従事しているため、どれだけ仕事量が多くても、どれだけ身体に疲れが溜まっていても、休むことが出来ません。

疲れた時に、たっぷり休むことが出来れば、身体にそこまで疲れが溜まることはないのかもしれませんが、仕事を気軽に休んだりやめたり出来ないので、身体に無理を強いて頑張らざるを得ない状態で、みんな生きるために必死で働いているのです。

また、身体的ストレスだけではなく、仕事をしていれば精神的ストレスも場合によっては重くのしかかってきます。上司との関係・同僚との関係・部下との関係・仕事先との関係・通勤の満員電車のストレスなどあげればきりがありません。

当院はまさにそのような方にとって最後の砦となる場所でいたいと考えています。

ただ、癒し系のマッサージや整体とは違い、治療はものすごくしんどい場合が多いです。

重症化したカチカチの体は、そう簡単に変わってはくれません。
その場かぎりですぐに元に戻ってしまう治療では、いつまでたっても先が見えないし、将来に不安を抱えてしまうことでしょう。

そのような重症な方に、光をあたえられるよう、一緒に苦しみに寄り添いながら、活路を見いだすために精一杯治療にあたるというのが当院の治療方針です。

今、お辛い症状を抱えている方、どこにいっても良くならなくて諦めている方は、勇気をもって当院にいらしてください。
一緒に悩みながら、現状を少しでもいい方向へ向かえるように、ともに歩みましょう!!

北京堂鍼灸 新百合ヶ丘 のホームページはこちら↓
http://www.pekingdo.com/



アスリートのパフォーマンス向上

当院では、中・高・大学生、特に多いのが大学生ですが、体育会の部活をやられている方の疼痛
治療を行うことも多いです。

運動は、適度にやっているうちは、筋肉の血流も増え、柔軟になり、凝り固まった状態を開放してくれますが、部活となるとそうもいきません。
毎日ハードな練習を繰り返していれば、オーバーワークになり、筋肉も徐々に柔軟性が落ちて、痛みを発症したり、場合によっては肉離れを起こしてしまいます。

筋肉は通常であれば、鍼が刺さらないなんてことはありませんが、肉離れやアキレス腱断裂を以前やられている方の筋肉は信じられない位に硬くなっています。普通の鍼で入れようといくら捻っても全く歯が立ちません。

そのような場合は、特殊な鍼を使います。この鍼であればいくら筋肉が硬化していても鍼は刺さります。ただこの鍼は響きもかなり強力で、通常の鍼よりしんどいと感じる方が多いです。しかも、出血しやすいので、鍼を抜くのに止血しながら抜いていくので時間がかかります。


昨日来院された28歳の社会人の方ですが、学生の頃から陸上をやっており、現在も競技を続けているのですが、初回来院時に大腿前面の強い張りを訴えていました。

現在はその張りもなくなり、パフォーマンスが向上し、ここ2~3年の中で一番調子が良くなったとのこと。タイムも自己ベストにかなり近いタイムが出ているというお話でした(^O^)/


競技スポーツをやられている方で、身体が故障して本来のパフォーマンスが出せていない方は、ぜひ一度当院の治療を受けてみてくださいね!!


北京堂鍼灸 新百合ヶ丘 のホームページはこちら↓
http://www.pekingdo.com/

サッカーW杯出場決定!!

今日は治療と関係ない内容ですが...

ついにやりました!
サッカー日本代表W杯出場決定!!

僕はサッカー観戦が好きで、日本代表をずっと応援していたんですが、アジア最終予選の初戦に

負けてから、もうW杯に行ける可能性はだいぶ低くなったとメディアでも言われ、難しいかな~と

思っていたんですが、アジアの中ではかなり強豪のオーストラリアに2-0で勝っちゃうなんて!(^^)!


患者さんにもサッカー好きな方がいて、府中から来られる美容院経営の方とは、いつも日本代表

選手の話で盛り上がっちゃうんですが、鍼を打ってる途中で、「先生、ゴメン、いま鍼が響きすぎて

答えらんないから、もうちょっと待って💦」とかたまに言われ、反省(>_<)💦💦


治療が混んでいる時は、とにかく時間内に打ち切らないといけないので黙々と打つときもあります

が、時間に余裕があるときは、話をするのが好きな患者さんとは僕も話をします。鍼がしんどい分、

少しでも患者さんの気持ちを和らげられたらいいなあと思うのと、自分自身も話をするのが好きな

ので(*^^*)
深鍼の利点

世の中にあふれかえっている様々な治療法は、それぞれ得意不得意分野があるかと思います。

北京堂の治療の特色はなんといっても深刺しの鍼です。

マッサージや手技で行うものは、どうしても身体の表面から行うので、身体の深部が悪くなっているものにはどうしても効果を出しにくいのです。

筋肉でいうと、腰の奥の大腰筋、股関節まわりの中殿筋・小殿筋・梨状筋、肩まわりでは肩甲下筋など、他にもたくさんあります。

深刺しの鍼であれば、それらのインナーマッスルに直接鍼を届かすことが出来るので、身体の表面から行うあらゆる治療法で効果がなかったとしても、改善できる可能性があります。

その分、鍼はズーンと響くので、しんどさも格別ですが・・・(^^;)💦

ブログはじめました

北京堂新百合ヶ丘のブログをはじめることにしました!

治療の事や役立つ情報などを日々更新していきたいと思います。